Fun Food Note

funfood.exblog.jp ブログトップ

タグ:シュトーレン ( 6 ) タグの人気記事

シュトレンいろいろ

12月も半ば過ぎてしまいました。。。

毎年と同様、やること、片づけなくてはならないこと、山盛りですが…
あまいものとお茶は欠かしません、笑。

今年のシュトレンのいろいろを

わいんのある12か月
自家製酵母のシュトレン
c0226445_00475785.jpg


シュトレンは、コーヒーとともに
c0226445_00550083.jpg


レッスンでいただいた、自家製、ホシノ、イーストシュトレン。食べ比べ
c0226445_00475738.jpg


atelier le bonheur
真夜中のシュトレン(自家製酵母)
c0226445_00475310.jpg


レッスンでいただいた1切れ
c0226445_00475356.jpg


焼き上げ分
3日たったのでカットしました♪
c0226445_00475851.jpg


贅沢フィリング、ぎっちりみっちりはいってます!


森のシュトレン(ホシノ天然酵母)

c0226445_00475317.jpg


c0226445_00475351.jpg

栗とナッツ、ドライフルーツ…森の恵みがたっぷり詰め込まれた贅沢すぎるシュト。
ありがたいことに貴重な1本を頂戴しました!うれしい♡



そして買いシュトレンたち

長野 わざわざ
c0226445_00475480.jpg

バター、砂糖不使用で、ドライフルーツの甘みのみ。
自家製酵母と全粒粉、噛みしめるとじんわりおいしい。


豪徳寺 ユヌクレ
c0226445_00475893.jpg

焼き菓子タイプの香ばしいサクサク生地は、日が経つごとに食感が変化するそう。

クリスマスまで、少しずつカットしながらちびりちびり愉しみたいと思います♪♪

[PR]
by kami4gou | 2015-12-17 23:31 | Christmas | Comments(0)

ひきつづき…

…ひきつづき、シュトレンなど。

シュトレン ショコラ 
なんと、エスコヤマのショコラver.をいただきました!
ありがとうございます!!
c0226445_1758186.jpg

見た目パウンドケーキですが、食感はパンと焼き菓子の間のような…
乾いていつつ日が経つにつれ、しっとり、おいしい^^
スイートポテトのような黄金色のセンターは、マジパン?甘さひかえめでした。

そして、唯一の買いシュト♪
パリゼットのは、マロンとフルーツとナッツだそう。
c0226445_17583621.jpg

ハード系がおいしいと評判ですが、店頭で「大人気ですぐに売り切れるんですよ。」と聞かされ…
即買いしました(笑)。
まだ未開封、日持ちがするタイプなので、後半戦で楽しみます~

先日の、
パネットーネ
c0226445_17581472.jpg

漬け込みレーズン瓶がごろごろあったので、それを使ってみたらやや色黒さんに。
次は、サルタナでやってみます。でもでも、おいしかったぁ。


丸い物体はこのように。

c0226445_17581793.jpg

コーヒーやワインと合わせたいオトナ味。
シュトレンを敬遠する男子にも好評、それにしてもウチだからできる贅沢素材満載ですな。
[PR]
by kami4gou | 2013-12-22 17:28 | Christmas | Comments(0)

真夜中のシュトーレン!!

c0226445_013986.jpg


今年最後の自家製レギュラーレッスン。

お題は…真夜中のシュトーレン!

待ちに待った、待望のレッスンだった…はずなのに。

いそいそとアトリエめざして出かけたまではよかったが。。。

途中アクシデント発生、大遅刻してしまった(T_T)

先生、みなさま、ご迷惑おかけしてすみませんでした。


そんな事情で、

こちらのシュトーレン、バターにつけて粉糖まぶし…のところだけ実習=わたしだけ
(時間の都合上、先生に成形をしていただきました。ありがとうございました。)

こんな夜更けにワインと共にいただきたくなる、おとななシュトーレン。
甘く、ほろ苦く、洋酒香る1切れに、うっとりしながら、癒されました。


レッスン風景は、また後日。
[PR]
by kami4gou | 2011-11-23 23:45 | Atelier Le Bonheur | Comments(0)

クリスマスがやってきた

Merry Christmas!
皆さん、どんな聖夜を過ごされたのでしょう。

我が家のクリスマスは、年々静かになっていきますが…
c0226445_13422149.jpg

子どもたちはお菓子のブーツをもらわなくなって久しいけど、毎年カードとプレゼントが届く。
夫のお母さんとわたしの実家から。いつもありがとう。
わたしは、パン教室でお世話になっている先生方からすてきなカードをいただきました。ありがとうございます!

そして今年のシュトーレン
c0226445_0434031.jpg


手前の大きなものは、以前門倉多仁亜さんに教えていただいたレシピを少々アレンジしたもの。その時いただいた多仁亜さんのシュトーレン、すごくおいしかったんです!
ドイツの伝統的なスタイルの、たっぷりのドライフルーツとアーモンド、マジパンペースト入り。仕上げのバターは3日に分けてしみこませる。
大きく焼くことで外側はカリッとし、中はしっとり感が保たれるとのことですが、これでも1/2サイズです。
c0226445_0544843.jpg

小さいものは、今年習った森のシュトーレン
ラッピングして、大切な友人に贈りました。シュトーレンは興味なし?、でもナッツ大好きな方々なので、きっと喜んでくれると思います。

聖夜のテーブルは、家族みんなが揃わなかったのでいまひとつ力が入らない。
c0226445_19261759.jpg
一応チキンは焼きました。中にはマッシュルームとパプリカのリゾット入り(お尻を向けていて失礼します^^;)
ミトンで教わったキッシュロレーヌとサーモン&クリチの簡単オードブル。
お取り寄せのシニフィアンのパンたち。


今年の新たな試みは…
c0226445_171557.jpg

いつもと違うスタイルのケーキ。
お友達に誘われておじゃましたケーキ教室で前日に作ってきました。
ホワイトチョコのリースもすべて手作り!(先生が事前に作ってくださるものもありますが…)
森のクリスマスをイメージしたちょっと個性的なケーキです。

シニフィアン・シニフィエのパンたち
c0226445_1285754.jpg

左から
クロワッサン・オ・ルヴァン…バターの香りと粉の甘みがおいしい。自家製酵母とは思えないほど軽い口当たり。
バゲット・プラタヌ…すごくよい香り!素材にこだわっているだけあって、かみしめるほどに味わい深い。そのまま食べても、止まらなくなるほどのおいしさ。
パン・オ・ヴァン…S字のクープがあまりにも有名な、赤ワインで仕込んだパン。ドライフルーツにナッツたっぷりなのに、軽い食べ口。おいしすぎ~

今年奮発した、シュトーレン
c0226445_141317.jpg

お値段も良いのですが、そのおいしさといったら^^
周りには、粉糖ではなく和三盆がたっぷりまぶしてあります。さっぱりとした甘みが品よく、こちらもナッツとフルーツいっぱいの自家製生地は、もたつくような重さがない。噂に違わず、パクパク食べてしまいそうなくらい危険なおいしさでした。

ごちそうさまでした~
それにしても、食べすぎですね…(とほっ)
[PR]
by kami4gou | 2009-12-25 23:27 | Christmas | Comments(0)

クリスト・シュトーレン@わいんのある12ヶ月

わいんのある12ヶ月を主宰される高橋雅子先生の本を知ったのは、3年ほど前。
それまでイーストや市販の天然酵母を使ってパンを焼いていました。
ただ自家製酵母はマニアックなイメージがあって、手が出せずにいたんです。
そんな時、書店で目にしたのが雅子先生の本。
今までにないようなかわいくオシャレなスタイリングの本でした。
日々の生活の中で酵母を育て、パンを焼く。
手間はかかりそうだけど、シンプルな内容にひかれ
これならできるかも…?と自家製酵母を始めるきっかけとなりました。

雅子先生の教室に通いたい!先生の焼いたパンが食べたい!!と切望していた頃、初めてこのシュトーレンを取り寄せて食べることができました。
酵母とスパイスの香り、生地とフィリングが一体となり、しっとり熟成されたおいしさに感激したものです。

そして今日のレッスンでのシュトーレン。
c0226445_14375257.jpg


幼いキリストがおくるみにくるまれた姿を象ったともいわれるこのフォルム。

ライ麦で作った前生地を配合した生地に、贅沢に自家製漬け込みフルーツと、こちらも自家製栗の渋皮煮が隠れています。
食べごろは2~3日後から。もう少しがまん!

ランチにはいつも美味しくセンスの光るプレートが用意されます。
c0226445_14534675.jpg

c0226445_14552566.jpg

c0226445_1455486.jpg


そしてほんとに楽しい先生のお話。(あ、画像はないです…)
人をひきつける魅力とエネルギーにあふれた素敵な先生です。

今年最後の自家製レッスン。アドバンスは残り2回で卒業となり、総仕上げの時期となりました。
いつも笑顔にあふれた楽しいレッスン、メンバーの方と月一お会いできるのも楽しみだったので、卒業はやっぱりさびしいです。
[PR]
by kami4gou | 2009-11-20 21:03 | わいんのある12ヶ月 | Comments(0)

森のシュトーレン&ワンランク上?のカンパーニュ

1年前からホシノ天然酵母のパン教室に通っています。
「Atelier Le Bonheur」太田幸子先生が主宰される教室です。
11月のレッスンはクリスマスに先駆け、森のシュトーレン
シュトーレン好きとしては、お題を聞いた時から興味津津~
なんでもリスが好きなシュトーレンとか??期待が高まります!

そして、こちらが森のシュトーレン全体像
c0226445_0151864.jpg



カット面はこんなにぎっしりc0226445_0173791.jpg
マロンとバニラの香りいっぱい、たっぷりのナッツにアクセントのドライフルーツが酸味を添えておいしい!
森のシュトーレンの名にふさわしい、新感覚のシュトーレンでした。


c0226445_12474311.jpg
ランチには、先生が焼いてくださったホシノのパン・ド・ミと具だくさんのスープとサラダ
 ・カリフラワーのミルクスープ
 ・メークインとフリルレタスのサラダ


太田先生は、昨年ご自宅にすてきなアトリエを構えられ
イーストから自家製酵母までを扱うパン教室を開講されています。
そして先月、初のレシピ本を出版されました。

自家製酵母で作るワンランク上のハード系パン
c0226445_035210.jpg
こちらの本、眺めているだけでもうっとりするようなgood-lookingなパンの数々がクールなスタイリングとともに掲載されています。
しかもかなり詳細なプロセスカット、手順やコツの解説があり、作り手の?に即対応してくれるようになってます。

この中から最初に作ってみたいと思ったのが表紙のカンパーニュ
c0226445_131766.jpg
自家製酵母のイメージがいい意味で変わるような、くせのない風味。粉の味も生きています。
表紙のカンパに及ぶはずもないですが、自分の中でのスタンダードからワンランク上の焼き上がりになったかな?


c0226445_184277.jpg
丸っこい形のブリオッシュは、先月習ったムータルド。
マスタードの風味とコクがおいしい、辛くないパンです。
こちらもとっても好評でした。



今年最後のレギュラーレッスン、クラスのメンバーの方と次お会いするのは来年です。
あー、1年が早い…
[PR]
by kami4gou | 2009-11-15 01:30 | Atelier Le Bonheur | Comments(0)
line

お菓子、パン、おいしいものがあればうれしい楽しい。教室HPはこちら~http://kisetukashimiel.wixsite.com/kisetukashi


by kami4gou
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31