Fun Food Note

funfood.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

タルトとクグロフ

毎年11月に必ず焼くもの。

洋梨のタルト
c0226445_2341759.jpg

手前はブリゼ(練りパイ)、奥は先日仕込んでおいたシュクレ(甘いクッキー生地)

秋のタルトは、なぜか洋梨のイメージ

c0226445_029157.jpg

ダマンドに生のままカットしただけのラ・フランスを並べて。
アプリコテはせずに素朴に粉糖仕上げ~この場合、ツヤなしでOK! 
果汁がしみ込んだジュワっとしたダマンドと、サクっほろっのタルト生地は、しあわせなおいしさ♪

毎年この時季、楽しみにしてくれている友達に。
今年のタルトのお味はいかがでしょ?


断面は、こんな。

c0226445_00422.jpg
c0226445_002578.jpg
こちらは、わたしの1人分。



もうひとつ。。。

秋が深まったら焼きたかったもの…ショコラ・クグロフ

9月にホシノのラストレッスンで習ったものです。

そのときは、まだまだ残暑が厳しく、先生から寒くなったら作ってね~と言われていたんです!

c0226445_083713.jpg

こっくりとしたチョコ色としっとり濃厚な味わい~贅沢フィリングのおかげです♥

少しアレンジして、1年前に漬け込んだラム・レーズンを投入したら、
思い切り発酵が遅れた~(+o+)

c0226445_0172459.jpg

かなりオトナ味のクグロフ、好評をいただきました^^
[PR]
by kami4gou | 2010-11-30 23:37 | Sweets | Comments(0)

復習。そして予習?

忘れないうちに、復習を。

と、元種を起こして、自家製パン・ド・ミを焼きました。

手持ちの型の容量が大きかったので、生地量を計算して、分量を増やして仕込んでみたけど…

c0226445_220334.jpg


うーん。

釜伸びはしたけれども…ちょっとホイロ出すぎてしまったかも。
生地量が多くなったせいもあるのか、思ったより早く発酵が進んでいた。

なんだか生地もべたついて、型入れも偏った。。。
c0226445_23465316.jpg

中心線が斜めに~


も一回焼こうと思ったら、生地量を増やしたので元種足りず…


ならば!

と、来年1月のお題、エピの予習を。

エピ。実はスペシャル・レッスンで去年の今頃、すでに受講しています^^

もう何回か焼いているので、復習でもあり。

c0226445_2353949.jpg

ベーコン・チーズ・エピ。
チーズの配分を間違えた?

c0226445_23533193.jpg


麦の穂をちぎれながら食べる…
自家製もっちりエピ、うまし^^
[PR]
by kami4gou | 2010-11-28 23:51 | Bread | Comments(0)

パン・ド・ミ 2010@Atelier Le Bonheur

太田先生のパン教室~Atelier Le Bonheur
先週末、今年最終のレッスンに行ってきました。

自家製酵母クラスの2回目レッスンのお題は…パン・ド・ミ!
2回目にしていきなり、大物に挑みます。。。

c0226445_1892790.jpg

ぐんっと釜伸びした、焼きたてのパン・ド・ミ(先生作)
香ばしくいいにおいが漂います。

『パン・ド・ミ 2010』とあるのは、2年前のレシピを、
先生が「今、食べたい!」と思う配合に少し見直したからだそう。

今回は、クラストのサク味感とクラムの味の濃さとしっとり感を追求したレシピとのこと。

一見同じように見える山型の食パンも、ハード系、ふんわり系、しっとりもっちり系…ほんとにいろいろありますね。
その時々によって食べたい、作りたい味、食感も変わってくるからまたおもしろい。

ホシノでも、山食、プルマンと習いましたが、それぞれ特徴があり、そのために生地の扱いも変わってくるので、そのあたりもムズカシイところです。

今回も、生地の丸めが今までと違っていたり、「おー!」と思うポイントがいくつもありました。


もうひと品は、

こだわりのきな粉あんぱん
c0226445_18432542.jpg


何がこだわり?って、生地も成形もまぶしたきな粉も、全てにおいてこだわった和テイストのパン!

特にきな粉は、香りの強さが大切ということでした。
なるほど、成形している最中から見た目きな粉もち?おはぎ??という感触と香りに
このまま食べてしまいたい~、という衝動に駆られました(笑)。



先生お手製のスープとサラダとともに、ランチ&試食タイム♪
c0226445_18583065.jpg

(カメラのバッテリー切れで、ここから携帯画像です^^;)

パン・ド・ミは、クラスとが薄くてパリ&サクと香ばしく、このまま何もつけずに充分おいしい^^
翌日は、トーストしてバター&はちみつが、先生のおススメ。
(翌日からずっとそのコンビで食べてます。朝からちょっとしあわせな気分に浸れます♥)

きな粉あんぱんの中には、なんと栗が!和モノ好きにはこたえられません。
自家製酵母でこんなパンも作れるんですね~

デザートも、和テイスト。
c0226445_196233.jpg


この日も、充実のレッスン。おなかもいっぱい。
しあわせな時間をありがとうございました^^
 

来月はお休みで、次はもう来年1月。

先生、皆様、来年もどうぞよろしくお願いいたします!

持ち帰り生地は、その日のうちに焼き上げましたが…
[PR]
by kami4gou | 2010-11-26 19:35 | Comments(0)

あまりものからできるおやつ

バナナが1,2本あったら、ミキサーにかけるより、バナナケーキを焼くより、

たいていはバナナカスタードを作る。

c0226445_0251198.jpg


この日は、いい具合にシュガースポットが出てきたバナナが1本。
冷凍庫にココア・ジェノワーズの切り落としが1枚あった。コアントローのシロップを打って角切りに。
オレンジもプラスして、カスタード、ポイップクリームを重ねたら出来上がり♪はやい、はやい!!

もう何回作ったらわからないほど…我が家のおやつの定番。
好きなものを合わせればよくて、決まりはない。そのときあるものを自由に。

これが冷蔵庫にあれば、各自好きなだけスプーンですくって、食べられる。

スコップケーキでもあり、トライフルにも似てるけど、これはバナナカスタード。

はじめて知ったのは、20年以上前。

堀井和子さんが著書の中か、雑誌で紹介されていた。
カットしたバナナがグラスの1番底に入れられて、その上にカスタードクリーム、さらにホイップクリームの3段重ね。
白いホイップクリームにミントのグリーンがこれしかない!というほど収まりがよくて、おいしそう~と目が釘付けに♥

底のバナナにはラム酒がふりかけてあって、見た目以上にオトナ味のデザートとの説明があった。
そして、「NYのレストランのデザートの定番、これを置いてないお店はないというくらい、よく見るデザート。」とも。

なーんて、オシャレなんでしょう!そしてあの嫌みのない透明感!!
一気に堀井さんのファンになりました(笑)。


あれから20年。。。(きみまろさん調で。)

いまだに作ってます。いろいろ勝手に変えて^^

家族だけでなく、これを楽しみにしてくれる友達もあり、愛されてるおやつです♥


まるこも狙っている?(左上の黒っぽい影)
c0226445_058744.jpg

今日のも、おいしかったです。(カロリーオーバー必至^^;)


チーズケーキも焼きました。
c0226445_0594333.jpg

こがねいろのあったか焼き色に癒されます。。。

そして、シュクレも仕込んだので、こちらは旬の果物と合わせて、タルトを焼こう。毎年待ってくれている友達に♪
[PR]
by kami4gou | 2010-11-24 23:48 | Sweets | Comments(0)

パネトーネ@わいんのある12ヶ月

早いもので、今年最後のレッスン。(12月はお休みなので)

クリスマスの仕様のお料理に、気分はParty♪♪おいしそ~ 
c0226445_2317363.jpg


パンは、パネトーネ。

c0226445_23351958.jpg
イタリア・ミラノのクリスマスの発酵菓子。
パネトーネ・マザーの代わりにイーストでお手軽に!
といっても、しっとりと少しの酸味を出すために、いろいろな副材料が入ります。
これから最終発酵~




こちらは、オイルエステ中の丸鶏ちゃん。ロティになります。

c0226445_23445428.jpg
ハーブたっぷりのオイルをまんべんなくぬりぬりします^^


焼いている間、教室中ハーブの香りでいっぱいに♥
アロマシャワーをたっぷり浴びました^^

そして豪華&豪快な焼き上がりの図(なんと2羽!)
c0226445_23523729.jpg



この後雅子先生が切り分け方をレクチャーしてくださる。

バーニャカウダと飴色玉ねぎのタルトと共に。
c0226445_002210.jpg



デザートは、洋ナシ丸ごと1個のワイン煮とあるものがまぶしてあるアイス
c0226445_03263.jpg



いやぁ、どれも本当においしかった!おなかがいっぱいです♥シアワセ


忘れてはいけません。。。

パネトーネ、焼き上がり~
c0226445_081399.jpg

こちらも甘~い香りを漂わせながら…

何が入っているかは…のちほど。


クリスマスにおうちで作りたくなるものばかり。
思ったより手がかからず、見た目おしゃれで、もちろんおいしい!
今年はがんばろう!という意気込みの方もちらほら…

あーあ、あっという間に12月になりますね~今年は何作ろうか?


先生、そしてクラスのみなさま、今年もお世話になりありがとうございました。また来年1月、お会いできるのを楽しみに~♪

パネトーネの中は…
[PR]
by kami4gou | 2010-11-22 23:07 | わいんのある12ヶ月 | Comments(0)

てづくりの指ぬき

すてきなものをいただきました。

これ、指ぬきなんですよ~きれいでしょ^^
c0226445_0582956.jpg

何色のも色鮮やかな絹糸(たぶん)を刺繍するように交差しながら、縫い込まれています。

すごく繊細で美しくつややかで、見ているとうっとり。

細かな作業とかかった時間を思うと、ため息が出るほどです。

この色合わせもわたしをイメージしてつくってくださったとか。

うれしい~です!!
自分でこんな明るい色合いを身につけることはないので、その意外性もなんか、新鮮です。

ながめていると、ほっと癒されます。そしてチェーンに通して身につけてもステキです。

Yちゃん、ありがとうございます。大切にしますね!


お礼に焼き菓子を。
c0226445_1143458.jpg

エンガーディナー・タルト

c0226445_1151751.jpg

ヴィエノワ

喜んでいただけて、ほっ。よかったです。


こちらは、モンブラン。
c0226445_1194394.jpg

途中までは、ルスルス仕様で。

栗のペーストも自家製を使ったので、もう少し柔らかくしてみました。
自家製ペーストはモンブランの口金に詰まりやすいので、2回は裏ごし(重労働です…)ます。

今年もう1回、作れるかな?
[PR]
by kami4gou | 2010-11-16 23:46 | Comments(4)

小春日和の都心散歩

今日は冷たい雨になりましたが…

c0226445_0245142.jpg


先週の小春日和の暖かい日、長男の通う学校のPTA研修会へ出かけました。(↑のちほど触れます。)

順調にいくと通えるであろう大学のキャンパス見学会ということで、ふだんはこういう会は遠慮してしまう身ですが…行ってきました。

都心にあって緑豊かな静かな環境、近代的な設備。。。
「わたしたちが通いたいくらいよね~!」と、口々に話すお母様方。妙に納得してしまう。

このことの意味がわかってんのかな??我が息子。。。ハハは祈るしかありません。

職員の方の説明を聞きながら、ゆっくり見学したあとは、最後に参加者全員で記念撮影!
さすが、PTA研修会のお決まりです。

その後、豆腐料理のお店でお昼をいただきながらの懇親会でした。
c0226445_0374730.jpg
こんなに落ち着いた風情のあるお店。


炭火でいただく湯豆腐は、ふっくらと味が濃く甘く、おいしかった~。
お豆腐だから…とつい食べ過ぎて、おなかがパンパン…くるしい(汗)

上級生のお母さん方ともお話ができ、いろんな情報をいただけて、やっぱり参加してよかった。(最初は気が重かったけど…)


解散の後、↑の以前から気なっていた「ファクトリー」へ。

九段下から、靖国通りを市ヶ谷方面へ10分ほど歩く。
Apec開催直前のため、警官がすごく多く、物々しい雰囲気でしたけど、空が高く青く気持ちいい。散歩日和だ~^^

ファクトリーは最近人気が高いベーカリーカフェというスタイル。
行ったらランチを食べるべし!
と聞いていたんですが、もうおなかが苦しくて、コーヒーさえも飲めなかった。

撮影OK ということで、酵母の並んでいる棚をとったんですが…
c0226445_0561561.jpg

肝心なところ(左上)が光ってしまい、よくわからない(あ~)。

パンは種類はおおくないですが、少し買って帰ることに。。。
c0226445_0583016.jpg

c0226445_0584594.jpg

シナモンレーズンのフレンチトーストはすごい厚さ。
焼き戻すとふっくら、もっちり&アーモンドサクサク、おいしかったです♪


そういえば、
今日もステキな方とベーカリーカフェにご一緒したのでした。
パンもケーキ、焼き菓子もお料理も…いろいろ食べられるスタイルのベーカリーカフェが増えているらしい。
「ファクトリー」
次はおなかを空かして、ゆっくりランチを味わいたいな♪
[PR]
by kami4gou | 2010-11-15 23:53 | さんぽ | Comments(2)

ひと足早く…と、お知らせ♪

まだひと月以上先ですが。

c0226445_1631161.jpg


ビッシュ・ド・ノエル作ってきました。(ルスルスレッスンで。)

メープル風味のロール生地に、キャレメリゼしたくるみ入りのプラリネクリームを巻き、ガナッシュでナッペして。

今の時季にぴったりのこっくりした色合いの、味わい深いケーキです。

シンプルなデコラシオンには、ベアサンタと柊のリボンの赤で、少しの甘さを。

一気にクリスマスモードに☆

レッスン風景はまた後日upしたいと思います。


今日は、お知らせがひとつありまして。

以前こそっと触れましたが、先日、はじめて本に掲載されるお料理の撮影というものを経験しました。

その「おうちカフェ本」が、来月3日発売になります。

「みんなが集まる!かわいいおうちカフェ」880yen(税込み)
学研パブリッシングより 12月3日(金)発売

いつもお世話になっている Backe 晶子さんこちらのブログでも紹介していただいています。

わたしは、カフェ風ランチメニューをご提案。

ケーク・サレ2品(お惣菜系とスイーツ系)、スープ、マリネの4つをご紹介しています。

ほかにもいろんな方々の、
これからの時期にぴったりな、手軽でおしゃれなおもてなしメニューが240以上掲載されるとのこと。

書店に並ぶまでもう少々ありますが、見かけられましたら、お手にとって見ていただければうれしいです^^


で、

撮影風景でもupしたいところですが、よほど緊張していたのか、写真を撮る余裕なく1枚も無し(T_T)。

当日は、我が家での撮影ということでココロもカラダもバタバタ。。。

しかし、プロのカメラマンさんの手にかかると、ケーキやお料理がキラキラと…

自分で作ったものとは思えないほど、きれいに撮っていただき感激です。

同席された編集の方々からも、おいしそうっ♥ と、声が上がりました!

プロの方々のお仕事は、まったくもって鮮やかで、近くで見せていただいき、たいへん勉強になりました。


このお話を下さった晶子さん、お世話になった編集の方々、カメラマンのYさん、ほんとうにありがとうございました。

ドキドキしながら、12/3を待ちたいと思います♪
[PR]
by kami4gou | 2010-11-13 16:30 | Christmas | Comments(6)

フランスアンティークとル・クルーゼお鍋会@西荻窪

c0226445_2259152.jpg

ときどきお世話になっている、フランス在住のアンティークショップオーナーのmさん。

日本の方なので安心してお世話になってます。

ただいま一時帰国中で、出張販売をされるというので、西荻窪へ。


フランス各地の蚤の市、ブロカントで買い付けたヨーロッパ・アンティークをバイヤー価格でご紹介~というので、ドキドキしながら伺いました。
まあ、そんなに買えないんですけど、目のホヨウっと思ってね^^

開場前から業界人?、ショップオーナーらしきプロの方々が三々五々集まってきて…
なんか、わたし…だいじょうぶ??ソワソワしてきましたよ~(汗)

いざ、オープン!となると、初めてお会いするmさん、kさん(有名アンティーク・ディーラー)とごあいさつする間もなく、品定めする間もなく、みなさん、はやい、はやい~~

こういうところでは、考えてはいけないらしい…直感で手に取っていかないと、あっという間に欲しいものがなくなる…

それでも、以前から欲しかったものが手に入り、ほかにもかわいいものをいくつかgetでき、満足まんぞく♪
c0226445_22573477.jpg


このあとのルクお鍋会まで、時間があったので、
西荻なら、あのベーグル屋さん、パン屋さん、いろいろあるので楽しみ~と思って行ったら…
ガーン、、、どこも定休日。(火曜でしたね)


さて、気を取り直して。

こちらは、ル・クルーゼのコレクターの方を囲んで、ルクのお鍋にまつわるお話をしましょう、という会。
c0226445_2382520.jpg

年代物のすべて一番小さなサイズ。重いのに抱えてきてくださったそう。

お鍋会…といっても鍋物をつつく会ではないのです(アハハ…)。

代わりというわけではないですが、
フランスとイギリスのクッキー、ビスケットの食べ比べ&紅茶の飲み比べをしながらのルク談義。

かなりマニアックなお話が聞け、興味深かったです。
コレクターの方の知識量はすごいのひとこと。バイヤーさんたちもうなってました。
c0226445_2315161.jpg

c0226445_23153549.jpg

見慣れないこのお菓子は、カリソンという南仏プロヴァンスの銘菓。

アーモンドペーストとフルーツコンポートを合わせたマジパンのようなお菓子です。
たいていは、とても甘いものらしいですが、こちらはkさんおススメ。
フランス一おいしいのでは…とおっしゃっていました。

なかなかにコアな集いでしたが、とてもおもしろく楽しめた会でした。

また来年も、お会いできますように♪
[PR]
by kami4gou | 2010-11-08 22:22 | さんぽ | Comments(4)

横溝春雄シェフ講習会@オーブンミトン 

先月のことになりますが…(今日の記事は、ちょっと長いですよ~)

リリエンベルグの横溝シェフの講習会に行ってきました。
c0226445_22382282.jpg

場所は、オーブンミトンの工房。

横溝シェフは、小嶋シェフの中村屋グロリエッテ時代の師、というご縁で
今回、数年越しのオファーが実ったとのこと。

ほんとにまたとない機会に参加することができ、ウキウキしながらミトンの工房に向かいました!

開始10分前に着いたのですが、定員を超えての参加者でいっぱい…すでに熱気が充満していました。
さすが、皆さんの期待の高さがうかがえます。

本日のメニュー

*アプフェルシュトゥルーデル
*生成りロール
*OWL(幸せを呼ぶフクロウ)
*紅茶のキャラメルコンフィチュール

すごーい、ラインナップ!!盛りだくさんです♪

まずは、ほかではちょっと見られない…シュトゥルーデルの生地作りから

アプフェルシュトゥルーデルとは、ウィーン風アップルパイのこと。
シュトゥルーデルという、うすーい生地で生のりんごを包んで焼く~という素朴なお菓子です。

c0226445_224719100.jpg

手のひら大の生地を80cm×150cmの大きさにのばしていきます(?!)
c0226445_2249691.jpg

生地の下に手を入れ、そーっとのばして。
テーブル近くに座っていたわたしは、幸運にも“のばし体験”できました。
生地を破らないか心臓バクバクでした~


c0226445_22532854.jpg
下に置いたパッケージの文字が読めるくらいにうすーくなったシュトゥルーデル生地

c0226445_22563686.jpg

フィリングのりんごを山形に並べていきます。
りんごは、酸味の強い紅玉(低農薬の山形産)とイギリス原産のクッキングアップル(長野産)をブレンドして。
素材に対するシェフのこだわりが伝わります。

c0226445_2334574.jpg
下に敷いたシーツごと巻いていきます。

c0226445_2345261.jpg
あまりに長いので、天板に乗りきらず…(このあとカットして、分けて焼きました。)

あー、焼き上がりが楽しみ~♥ですが、まだまだデモは続きます。


生成りロール
c0226445_2385710.jpg
横溝シェフが、おいしいロールケーキを追求して辿り着いたのが、この生成りロール!

たまごの味が強いスフレのように柔らかい生地にクレームパティシエールと生クリームを巻きます。

c0226445_2312263.jpg
きれいな「の」の字


その間も、OWL(型抜きのサンドクッキー)と紅茶のキャラメルコンフィのデモが入り…


そうしているうちに、アプフェルシュトゥルーデルの焼き上がり~

c0226445_23141486.jpg

天板の上でカット~盛り付け

c0226445_23181127.jpg

うつくしい&おいしそう(*^_^*)


撮影用にディスプレイ
c0226445_2319672.jpg

c0226445_23193220.jpg
都合でフクロウ型ではなかったけど、焼き込まれサブレとミルクチョコとジャンドゥーヤのクリームが好相性。

c0226445_2320128.jpg
小嶋シェフのリクエストでオーブンミトン型で!
c0226445_23201791.jpg

すべてを試食して…
おいしのはもちろん^^そして、素材の味がとても強く出ているのにやさしいお菓子たち。
全部いただいてももたれたりしない軽やかさにびっくり!
長丁場の講習の疲れも吹き飛びました~♪

横溝シェフは、最近では香料や洋酒での風味づけというのをほとんどされなくなったとか。
それくらい素材の持ち味を生かしたお菓子作りをされていることへ、とても感銘を受けました。

シェフのお人柄がにじみ出ているような、あたたかくて誠実な…そんなお菓子と講習会でした。

横溝シェフをはじめ小嶋シェフ、スタッフの方々、ご一緒した皆さん、ありがとうございました!

[PR]
by kami4gou | 2010-11-07 22:23 | 習いごと | Comments(4)
line

お菓子、パン、おいしいものがあればうれしい楽しい。教室HPはこちら~http://kisetukashimiel.wixsite.com/kisetukashi


by kami4gou
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30